躁鬱病について、知っておくと役立つ知識を解説

違いを知る

疑うことで

普通の状態の人と比較し躁鬱病の人は感情の幅がとても大きく変化します。例えば、嬉しいときは普通の人より何倍も嬉しく、楽しい状態になりますが、辛いことや悲しいことがあったときは躁鬱病なら普通の人よりとても落ち込んでしまうのです。うつ病の状態では自分のことがとてもイヤになってしまい、どんどん自分を追い込んでしまいます。 このとき、躁の状態のことを思い出すとさらに自分を追い込んでしまうので、人によって自殺してしまうこともあるのです。この病気は高度な文化を持っている民族や知識が豊富な民族に見られるので、日本人も特に注意しなければならない病気の一種なのです。躁鬱病にも重度と軽度に分類することができます。重度の場合はいつもの本人と全く違う状態になっていることが多いので気づくことは簡単ですが、軽度はあまり違いが感じられないこともあります。そのような場合でも、注意深く観察していると普段とは様子が違う点がいくつかあるので、確認してみましょう。

状態による違い

躁鬱病で躁の状態になっているときは、普段より楽しく、お酒を飲んだときのように盛り上がることが多いでしょう。それだけではなく、ときに興奮度が急激に上がったり怒りを抑えられなくなったりすることもあるでしょう。また、自分は人より立場が上だと思って、周りから嫌われてしまうこともあるようです。逆に鬱状態のときは、気分が優れずぼーっとしている時間が長いこともあるでしょう。食欲がないときとあるときの差が激しい場合や、眠りが浅くなったり、逆に深くなったり全く違う状態になることもあるでしょう。躁鬱病は躁状態とうつ状態を繰り返すので、以前の自分とは全く違うと感じたときは注意が必要です。

栄誉成分から躁鬱病をなおす

躁鬱病は頭の脳内の神経伝達物質が正常に働かなくなっておこるとされています。 感情や意欲が極端に落ち込んでしまったり、上がったりする状態が繰り返さます。 最近では気分障害と呼ばれています。 これらの躁鬱病の症状を和らげるために取り入れたい食品などがあります。 トリプトファンと呼ばれるものは神経伝達物質の成分になります。 チーズやアーモンドや牛乳などに含まれてるとされます。 またフェニールアラニンと呼ばれるものにも、神経伝達物質の成分となります。 これらは肉類や魚介類また卵などに含まれます。 その他ビタミンB群であるマグロやサケやレバーなどには神経伝達物質の合成を助ける働きがあります。 毎日の食事の中で取り入れる工夫をしてみましょう。

手軽に食品や漢方の働きを利用する

躁鬱病の症状を和らげる食品を取り入れることは誰でも気軽に始められます。 食欲もない状態が続くときがあるかもしれませんが、摂取しやすいものから少しづつ体に入れていきましょう。 注意点としては食べすぎや飲酒や喫煙などはセロトニン受容体の働きを低下させてしまいますので、躁鬱病の状態を悪化させてしまう恐れがあります。 早く躁鬱病の症状を改善させるためにも自分で気をつけれるところは工夫していかなければなりません。 また漢方的な働きから改善させることもできます。 ユリ根やクチナシの実を取り入れると精神を安定させる働きがあります。 薬で躁鬱病をなおしていくことも出来ますが、自然な食品から改善させることも大事ですし、ずっと続けることができます、



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013