躁鬱病について、知っておくと役立つ知識を解説

状態について

チェックすること

人によって躁鬱病の状態はそれぞれ異なる場合がありますが、一般的な特長はいくつかあるので、このポイントを抑えておきましょう。うつ病とは違う症状として、急に落ち着かなくなり、人に意味もなく話かけたり運動をしたりします。また、普段はおとなしい人でも急に派手なファッションになったり、化粧を濃くしたり、自分を目立つような状態にすることがあります。さらに、お金を意味もなく使うことが多くなりますが、これは自分ではなかなか気づくことができないでしょう。また、脳が冴えている状態になってあまり眠くもなくなりひたすら仕事をしていたい衝動が表れます。また、異性に対してとても積極的になり多くの人と関係を持ちたがるようになるのです。また、自分の考えを無理やり通そうとすることがあり人に迷惑がられてしまうこともあるでしょう。このような状態がいくつか当てはまるなら躁鬱病になっている可能性があります。これらの症状はうつ病にはないものなので、しっかりチェックしておきましょう。元気な人であっても正常な状態とは限らないので、普段とは違うと感じた場合、躁鬱病の可能性があるのですぐに医師に相談してみることが重要です。そうすることで、躁鬱病の対処法や改善策がみつかるので、早く完治するためには周りの協力も必要不可欠なのです。うつ病の状態だと気分がマイナスになって、身体は食欲がなくなったり、頭が痛くなったり、息が詰まってしまったり、人と関わりたくない状態が続くことがあります。このような状態と躁鬱病は全く逆の状態のときがあるので、しっかり確認しておきましょう。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013