躁鬱病について、知っておくと役立つ知識を解説

原因を知る

原因を知る

躁鬱病になる原因は現在はっきりとは解明されていませんが、有力な仮説がいくつかあります。その仮説の1つが脳内モノアミン仮説と言われているものです。それをさらに細かく分類すると1つはカテコールアミンが原因と考えられています。この物質が躁鬱病の人はとても増えているので、これが原因と考えられているのです。他に澪、セロトニン、ノルアドレナリンも躁鬱病の状態では異常に増えているので、注意しなくてはいけません。また、原因の1つとして電解質代謝障害が原因と考えられえていることもあります。このような物質が増えるのを防ぎ、予防する方法として、炭酸リチウムを摂取するという方法があります。これは様々な場所で試されており、信憑性も高い予防方法なのです。また躁鬱病になってしまった人を治療する方法として、有名なものは薬物を使った改善方法や精神的に作用する方法が主な治療法です。これらを治療するために利用する薬や様々な種類がありますが、代表的なものは症状を抑えるための感情調整剤や精神を上手くコントロールできるようになる治療薬などです。最近は病院などではっきり躁鬱病と診断することができるようになりました。その診断方法は赤外光を使い、脳の血流や波形をチェックする方法です。この方法によって診断できることは躁鬱病だけではなく、一般的なうつ病や総合失調症など詳しく確認できるのです。やはり、様々な対策を考えるのはまず病院に行ってから始めると良いでしょう。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013